消費者金融のローンとクレジットカードの違い

カード消費者金融のローンとクレジットカードはどのように違うのでしょうか。
どちらも非常に広い意味ではお金を借りることには含まれているのですが、両者にはかなり大きな違いがあります。

消費者金融でのローンとは、直接的にお金、現金を借りることができます。
それが存在理由というか、存在価値です。
様々な体験談がありますが、借りたお金の使い道は全くの自由ですし、また担保や保証人も不要です。
必要なのは、ただ身分証明書と、自分自身がいま仕事を持って働いていること、その働きによる収入でもって返済できると見込んでもらえることだけです。

これに対してクレジットカードは基本的な考え方が異なります。
確かに広い意味ではお金を借りているに違いはないのですが、現金を直接的にするわけではありません。
あくまでも何かの商品を購入する際に、その代金を一時的に立て替えてくれるというだけのことです。
つまり、使い道が相当に制限されます。
どんなお店であっても使えるわけではなく、そもそも取り扱いがないようなお店も沢山あります。
そういうお店では全く役に立たないということになるのです。

ただ、キャッシングサービスが付与されているものもあり、そういう場合はATMを利用してお金を借りる方法もあります。
しかしあくまでも付帯的なものという位置づけであり、借りることのできるお金の限度額はかなり低めに設定されていることが普通です。
せいぜい10万円とか20万円などといったレベルにすぎません。

もちろんこの場合でも必要なものは身分証明書と、自分自身がいま仕事を持って働いていることは基本的には必須になっています。

なお、どちらの場合でも、借りたお金には金利がかかり、利息をつけて返済しなければなりません。
これは年に約15%から18%程度のものになっており、決められた方法で返済していかなければなりません。
返済に困るようなことのないよう、計画的な使い方をするようにしましょう。