消費者金融で限度額を増額する方法

お金消費者金融のイメージは昔と比べて良くなってきているので、長く利用をしながら限度額を増枠していきたいという人も多いです。
大手なら、限度額800万円、金利3.0%という好条件で借りられるところもあります。
総量規制がかかるので、年収の3分の1を超える借入ができないというデメリットもあることには注意が必要です。
年収がそれほど高くはないものの、安定した収入が得られるような職業に就いている人は、銀行カードローンのほうが高い限度額で借りられる可能性があります。
公務員の人などは銀行や信用金庫を利用すれば年収の半分以上を借りられる可能性があるので、そのほうがメリットがあるでしょう。

銀行や信用金庫のように、「給与振込口座に指定している」、「住宅ローンの借入がある」、「投資信託を保有している」といったことで信用が上がり、優遇金利が適用されるというメリットがないという部分も、劣る点になるかもしれません。
長く利用をしていくつもりなら、やはり商品のラインナップが豊富な銀行のほうがおすすめになります。

消費者金融の場合には、キャッシングが主な商品となりますので、キャッシングを頻繁に利用をすることで、信用が上がっていきます。
延滞をせずに長く利用をしていれば、優良なお客さんであると判断されやすくなります。

誤解をしてはいけないのが、必ずしも高額なお金を借りる必要はないということです。
2万円を借りて、1ヶ月後にすぐに完済をするといったことを繰り返すだけでも、信用は上がっていきます。
完済の実績も重要になりますので、無理のない金額を借りて、早めに完済をすることが重要です。

体験談などを見ていると、増枠審査では少しずつ枠が増えていくようです。
半年に1回くらいのペースで増枠審査を受けて、少しずつ枠を増やしていくというのがポイントになります。
延滞をしている場合には、逆に限度額が下がってしまったり、利用停止になってしまったりすることもあるので、気をつけておきましょう。