カードローンの審査が緩い会社とは?

カードカードローンの審査が緩い会社というのは存在しません。
会社によって審査の基準は異なるので、人によって厳しいと感じたり、緩いと感じたりして、さまざまな意見が出ます。
ブログ記事などを見ていると、「すでに4社から借金があるが審査に通った」といった体験談が出ていることもあるので参考になります。

審査のポイントはある程度共通しており、年収、勤務形態、勤続年数などが重要ポイントとなります。
年齢、居住形態、健康保険の種類なども重要になることがあります。
総合的に審査がされますので、1つの項目で不利になっていても、他の項目で挽回できる可能性があります。

金融機関によって独自の判断をするので、「過去1年に延滞が1回でもあると断られる」、「1回や2回の延滞があっても大目に見てもらえる」、「正社員の人でないと難しい」など、一定の特徴はあります。
大切なのは、自分に合った会社を選ぶということです。

一般的には、銀行、信用金庫、消費者金融の順に審査が緩くなるようです。
しかし、銀行カードローンのほうが金利は低く、好条件となっているため、審査の通りやすさでカードローンを選ぶことはあまりおすすめができません。
お金を借りる時には、余裕を持って申込みをして、まずは低金利のカードローンの審査を受けてみるのが良いでしょう。

以外に盲点となるのが、信用金庫のカードローンです。
信用金庫のカードローンの中には、50万円を借りる時でも金利が7.0%~8.0%程度になっているような商品もあり、非常に好条件となっていることが多いです。
信用金庫は地域密着型なので、営業区域内に勤務先もしくは住居がある人でなければ申込みができないという意味で、対象はかなり限られています。
しかし、その条件を満たしていれば、好条件で融資が受けられる可能性が高いという意味でもあります。
まずは自分の地域の信用金庫について、公式サイトなどをチェックして調べてみるのが良いかもしれません。